Parking-ParkTownTokorozawa Shopping Center♪
所沢航空記念公園ガイド
木村・徳田両中尉の銅像

木村・徳田慰霊碑

わが国最初の航空犠牲者木村・徳田両中尉の銅像
▲ページの上へ
木村・徳田両中尉の銅像/拡大 木村鈴四郎砲兵中尉、徳田金一歩兵中尉の両中尉は、大正2年(1913年)3月28日、午前11時36分、青山練兵場からの帰途、所沢飛行場の北東約1,500メートルの地点にて、突風による右翼の破壊が原因で墜落し、殉職した。
当時の「やまと新聞」が、儀損金を募り墜落地点に記念塔を建て、両中尉の英姿を銅像として残しました。(記念碑文より抜粋)

その後、数回場所を移したそうですが、現在は航空公園内にあります。

▲ページの上へ
フォール大佐の像

フォール大佐像

▲ページの上へ
フォール大佐の像/拡大

フォール フランス陸軍砲兵大佐は、大正8年1月63名のフランス航空教育団長として来日、約19ヶ月に渡り、航空技術の指導教育をし、我が国航空界の発展に寄与しました。(記念碑文より転載)

▲ページの上へ
飛行整備兵像
▲ページの上へ

この銅像は、昭和18年、彫刻家故長沼孝三氏(1908~1993)が大東亜戦争美術展に出品し、翌19年5月21日に、当時この地にあった所沢航空整備学校に建立されたものです。

翼を抱き、空を見上げる航空整備兵三人の姿は、当時の少年飛行兵や整備兵のシンボルとされていました。(記念碑文より一部抜粋)